高性能・高品位オイル添加剤とグリースのGRP

 
 
GRP 工業用Hi-Techオイル添加剤
 
 
 
 
GRPの優れた特性

GRPと共晶膜

GRPオイル添加剤は「科学+化学+冶金」の分野からの研究成果によるものです。 金属同士が摺動してる部分に
GRPの成分が運ばれますと、その摺動金属面に反応して高レベルの潤滑特性を有する強固な固着被膜を形成します。
その被膜を「共晶膜」と称しますが、それは潤滑剤として求められるあらゆる技術的条件を理想的に備えた
被膜であります。「共晶膜」は弊社が命名したGRPが形成する被膜の事であり、弊社の登録商標です。


共晶膜の詳しい説明はこちらをご覧ください!

用法

現在使われているオイルに対してそのオイル量の5〜10%相当量を目安に添加して下さい。多くても構いません。

更油時期

GRPを添加しますとその特性によりオイルの劣化度合を緩和致しますので更油スパンの延長は可能ですが、TBNやTANの計測、含有金属摩耗粉量などの実状を確認の上、更油時期を決められることをお勧めします。

情報

GRP共結晶膜が形成される過程は金属摺動部の実際の潤滑環境によって左右されますので性能が充分に出るまでに時間のかかる場合が有ります。

GRPの主な仕様と成分

 ホームニュース製品情報 技術情報ハイレベルカーマニアのGRP販売情報| 会社情報|