高性能・高品位オイル添加剤とグリースのGRP

 

     

ベアリング(ボールベアリング、ローラーベアリング等々)は、回転により発生する金属摺動抵抗を大幅に下げます。そのベアリ
ングに更に潤滑剤としてグリース、或いはオイルが供給されることによって、回転運動に対するベアリングの摩擦抵抗は更に限
りなく小さく
なります。


そのようなベアリングでも内部の潤滑剤(主にグリース)の経時劣化により時間と共に回転による金属摩擦が発生し始め摩擦抵
抗が生じ始めます。その現象は昨今の機器の回転速度の高速化や軸に対するラジアル負荷の増大化、環境温度の高温化、低温化
などによってより顕著になってあらわれるようになってきています。ベアリングの騒音や振動、発熱などには注意が払われて
も内部で発生する摩擦によるベアリングの回転抵抗による回転ロスそのものについては一般的には見過ごされてしまいやすい
点です。そこでベアリングに使用されるグリースの内容によってこの回転ロスがどのように異なってくるかを以下の実験によ
って得られたデーターが実証するところをご覧下さい。

さて、これら実験から特に大きなラジアル負荷が掛かる車両、重機、工場生産設備機器などの車軸、又は回転軸のベアリングなど
は使用するグリースの品質性能、潤滑性能の差異によってベアリングの良否に無関係に回転ロスの状況に確実に大きな差をも
たらすことが明らかであると言えます。

今回のテストは回転数をパラメーター(定数)、負荷荷重を変数としての状況推移を計測したテストですが、次回は負荷荷重をパ
ラメーター、回転数を変数としたテストを行い同様に計測データーを載せたいと考えています。

 

テスト器具

●新品のベアリング(6004LU)を3個

●定格220V、5Aのモーター起動によるベアリング軸負荷対回転速度テスト機

●0.5級電流、電圧計並びにモーター起電力調整用スライダック電源

●精密赤外線デジタルタコメーター(60〜30000rpm)

 
実験(1)のj結果と考察へ
 
基準稼動電力255VA、軸荷重ゼロ時の基準ベアリング回転数4000rpmにて軸負荷(ラジアル負荷)を
0〜300kgまでの範囲で変化させてその時の減速率(回転ロス)と起電力ロスを計測する。
実験(2)の結果と考察へ
 
基準稼動電力153VA、軸荷重ゼロ時の基準ベアリング回転数1000rpmにて軸負荷(ラジアル負荷)を
0〜350kgまでの範囲で変化させてその時の減速率(回転ロス)と起電力ロスを計測する。
実験(3)の結果と考察へ
 
基準稼動電力206VA、軸荷重ゼロ時の基準ベアリング回転数1000rpmにて軸負荷(ラジアル負荷)を
350〜550kgまでの範囲で変化させてその時の減速率(回転ロス)と起電力ロスを計測。
実験(4)の結果と考察へ
 
それぞれの種類の新グリースをベアリングに充填、軸荷重ゼロ時の基準ベアリング回転数1000rpmにて
軸負荷(ラジアル負荷)を600kg一定とし減速率の経時変化を計測する。併せて消費電力の推移も計測する。
 

 |ホームニュース製品情報 技術情報ハイレベルカーマニアのGRP販売情報| 会社情報|